アイテク株式会社


TOP >3D測量について

3D測量について

3D測量とは?

3Dレーザースキャナーや無人航空機(UAV)などの機器を用いて、地形や構造物の形状などを3次元データとして測量する技術です。 測量した3D計測データは、寸法や土量の計測はもちろんのこと、文化財の保全や災害発生時の基礎データとして利用するなど、様々な用途に活用することができます。 また従来、これらの計測には長時間を要していましたが、弊社では高機能な機器や専用のソフトウェアを使用することで、短時間かつ高精度な計測を可能としました。

3D測量実績のページへ

レーザースキャナーを用いた計測の流れ ドローンを用いた3D計測について

土量計算

土量計算
土工事における土量、処分場の埋立て量等の計測に活用できます。3D測量による高精度なデータを活用することで、ボリューム計算の精度向上や任意断面の断面形状算出等、 よりスピーディーに、より本来の形状を反映した成果を得ることができます。 また、施工前と施工後に同地点の計測を行うことで、正確な出来高数量を算出することが可能です。

構造物調査

構造物調査
橋梁・トンネルなどの道路構造物、プラントなど建築物のメンテナンスの管理手法として最適です。特に設計図面の無い建築物の図面作成・保存・修復等にその効果を発揮します。 構造物全体の3D形状データを得ることで、メンテナンスを必要とする箇所のサイズや形状の計測、修復部材の積算、様々なシミュレーションの検討と利用法は多岐に渡ります。

河川・ダム・堤防計測

河川・ダム・堤防計測
高密度な3D点群データは3Dモデルや等高線図、縦横断図面、土量計算など幅広く活用でき、改修計画や浚渫計画の策定にも利用できます。 さらにこうした地形の3Dモデルは洪水、流水などのシミュレーションデータとして防災分野に活用できるほか、万が一災害が発生した場合でも、緊急対策の基礎データとしての利用も可能です。 また、災害の発生後の状況調査など緊急性の高い測量であっても迅速に、かつ詳細に情報を得ることができます。

遺跡調査

遺跡調査
3D測量では計測対象物のありのままの形状を残すことができます。3D測量データを記録しておけば後から様々な考古学的検証を行うことが可能です。また、詳細なカラー3D画像は遺跡をバーチャルとして体験できる素材ともなります。 また、あらかじめ3D測量データを記録しておくことで、災害等により遺跡が大きく破壊された場合、その復旧に役立てることができます。

ページのトップへ戻る