アイテク株式会社


TOP > 補修補強について

補修補強について

アイテク株式会社が行うコンクリート構造物の補修と補強

コンクリート構造物はそのおかれる環境条件や、設計・施工不良によって予想しないような損傷を生じる可能性があります。 したがって、コンクリート構造物は、供用期間を通じ必要に応じて維持管理を行い、構造物の機能を維持しなければなりません。

まずは、劣化した構造における補修・補強工事までの流れをご説明します。

  • 簡易調査

    簡易調査 簡易調査

    構造物の実態を把握するための定期点検です。

    コンクリート構造物の劣化に関して、専門的知識を有する検査員が、定期的に劣化の箇所およびその状況を記録します。 劣化の状態において、簡単な測定機器を用いた非破壊試験を行います。

  • 詳細調査・品質試験

    詳細調査 詳細調査

    構造物の劣化が進行していたり、重大な段階にあると判断された場合に劣化している部分について行い、その範囲と程度および原因を明らかにします。

    破壊試験(コンクリートコア採取)により、空隙の有無や骨材の種類および品質の観察が可能です。 強度、弾性係数、透水性などを調べることにより、その部材に用いられたコンクリートの耐久性を判断する有力な資料を得ることが出来ます。

    点検・調査実績のページへ

  • 工法の比較・検討

    工法の比較・検討

    詳細調査の結果より、補修工法や補強工法の必要性の有無を判断し、検討いたします。

    劣化した構造物の補修を計画する場合、ただ単に劣化した部分を元の状態に回復させるだけでは補修したことになりません。 劣化させる要因を取り除くため効果的な補修、補強工法についてのご提案、御見積をさせていただきます。

  • 施工・管理

    施工管理 施工管理

    工事の施工から管理まで行います。コンクリート構造物の主な補修工法である「ひび割れ注入工」「断面修復工」など実務経験のある社員が在籍しております。 「耐震補強工」や「増厚補強工」における技術指導も可能です。

    工事実績のページへ

ページのトップへ戻る